鋼管杭販売施工―ウルトラ、テコット、ガイアパイル販売施工―

ウルトラ、テコット、ガイアパイルは独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工者によるバラつきがなく高い支持力が得られる、精度の高い基礎杭技術です。

 

その特徴は高支持力のウルトラパイル、低コストのテコットパイル、スライドウェイト試験による確実な支持地盤の確認による確実な施工管理工法です。

 

 

  • 高性能ー高支持力の確保、砂質、砂礫、粘質地盤に対応  
  • 低コストー商品と施工のコストを抑えます  
  • 省スペースー小型施工機械により打設をし、杭材も小型トラックで搬入可 
  • 環境への配慮ー無残土での杭施工を実現し、産業廃棄物は一切使用しない 
  • 低騒音・低振動ー回転貫入方式による低騒音・低振動の実現

 

 

工法の概要

ウルトラパイル工法は、細径鋼管の先端部分に半円形の拡翼および六角形の鉛直掘削刃を取り付けたくいを回転貫入させるものである。

杭先端部を重錐で落下させ、杭先端の支持力増加を図ると共に、支持力の確認を行う工法である。ウルトラパイル-S工法の施工方法を示す。

①くいの建て込み

くいを吊り込んでくい先端をくい芯に合わせる。

②くいのセット

くい芯へのセット終了後、鉛直性を確認し、くいが移動しないように振れ止め装置をセットする。

③回転貫入開始

くいを正回転(右回転)させ、拡翼の推進力と、必要に応じくいを貫入させる。

④継手作業

1本目を回転貫入したら、2本目以降は溶接により継ぎ足しを行い、順次回転貫入させる。

⑤回転貫入完了

回転キャップを用いて所定の深度まで回転貫入させ、回転貫入を完了する。

⑥くい打設完了

回転キャップを逆回転(左回転)させて引抜き、施工を完了する。

⑦スライドウエイト試験

くい先端打撃(支持力地盤の確認)

くい先端部を重錘落下によりくい先端に打撃力を加え支持力の増加をはかる。

打ち止め管理は、スライドウエイト試験による管理値に従う。

 

 

スライドウェイト試験

ウルトラパイル工法の杭先端打撃(スライドウェイト試験)施工順序を示す。

スライドウェイト

スライドウエイト試験現場